空調Q&A Air-conditioning

HOME > 空調Q&A > 業務用エアコンQ&A

業務用エアコンQ&A

電気代が安くなる?
5年以内のエアコンだとそれほど省エネ効果は期待できませんが、それ以前のエアコンであればほぼ間違いなく消費電力は少なくなります。
特に10年以上前のエアコンを利用されている場合、消費電力は半分以下になるケースがほとんどです。
たくさんのエアコンを使用されている店舗やオフィスを利用されている場合、省エネ効果はエアコンの台数分だけ期待できますので、経費削減効果はかなりのものとなります。
ぜひ省エネエアコンの導入をご検討下さい。

●エアコン消費電力チェック
 現在使用されているエアコンの製造年を選び、「チェックする」を押してください。

現在使用されているエアコンの消費電力は  です。

最新のエアコンの消費電力は 1,293kWh です。

省エネエアコンと、普通のエアコンの違いはなんですか?
省エネエアコンが特別なエアコンというものではありません。
技術革新により、最新機種は従来機種と比較するとエアコンの消費電力が劇的に少なくなっておりますので、最新機種であればすべて省エネ効果が期待できます。
エアコンはどのくらい使えるものですか?
[1]
あらゆる機器は、年数が経つごとにイタミや汚れが進み、信頼性が低下していきます。
その中でも、特にエアコンは構成する部分が多く、電気のみならず水やガスも扱っているため、早ければ使用開始から5年目くらい、耐用年数の半分ぐらいから、部分的な経年変化が始まるといわれています。
耐用年数を過ぎたエアコンを使っていると高くなるのは、故障のリスクだけではありません。
補修維持の費用も、一般的には2~3倍にふくれ上がり、修理部品の入手困難から修理不能になることも少なくありません。
そこで重要なのは、日常の管理の中で、イタミや汚れ、機能の低下の程度をしっかりとチェックすること。つまり故障したから修理する事後保全から予防保全の考え方に立ったチェックです。
定期的な健康チェックが、深刻な事態を未然に防ぎ、将来にわたってエアコンの維持費を削減することにもつながります。

[2]
通常7~10年が目安です。(家庭用は通常10~15年)
業務用として利用する場合は減価償却(エアコンの場合、通常6年)等を考慮に入れながら、故障する前に計画的に取り替えることが大切です。
最近、オフィスの空調の効きが悪くなってきたようですが
空調機のフィルターは定期的に掃除していますか?フィルターが目詰まりをおこしていると、本来の能力が出なくなります。
また、最近では新築時よりもパソコン等のOA機器が増加して、空調機の能力が足りなくなっているというケースも増えてきています。
当社にご相談していただければ、現在の空調機の運転状況や、能力の確認等を行った上で、貴社に合った最適の提案をいたします。
一度ご相談下さい。
電気代が安価になる空調システムにはどんなものがありますか?
モーターの回転数を制御し、運転効率を良くしたインバータ方式を採用している空調機や深夜電力を利用した氷蓄熱式の空調機、また冷凍機の容量制御用のベクトルインバータ(関電工開発)など、当社にご相談していただければ、計画段階から貴社に合った最適のご提案をいたします。
一度ご相談下さい。