HOME > 業務案内 > 改正フロン法対策

改正フロン法対策

改正フロン法対策はお済みですか?

2015年4月より、改正フロン法(フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律)が施行されます。 これまでは“廃棄時の回収・破壊”に関わる規制でしたが、今後は代替フロンの使用と、フロン使用中の管理も規制対象に加わり、規制対象が拡大されます。 単年度で会社全体の算出漏えいが一定量を超えた場合、漏れたフロン類の量などを事業を所管する大臣に報告しなければならないなど、今までと大幅に変わるため早期の対策をお勧めいたします。 五洋電気ではお客様の環境にあわせた改正フロン法対策を行っております。対策がお済みでない方はぜひご用命ください。

改正フロン法による変更点

大型機器は定期点検が必要になります

改正フロン法では、大型機器の定期点検が義務付けられます。
使用している機器が対象かどうか、機器のラベルをご確認ください。
種類 圧縮機の定格出力 点検頻度
業務用エアコン 7.5kW(10馬力)~ 50kW(66馬力) 3年に1回以上
50kW(66馬力)以上 1年に1回以上
業務用冷蔵・冷凍庫 7.5kW(10馬力)以上 1年に1回以上
改正フロン法対象機器
五洋電気は、各種大型機器の定期点検も行っております。
詳しくは下記までお問い合わせください。

使用者での簡易点検が必要です

改正フロン法では、3ヶ月に1回以上、使用者による簡易点検(目視による点検)が必要になります。
フロン類の漏えいがないか、ポイントを抑えながらチェックしましょう。

改正フロン法 チェックリスト 改正フロン法 五洋電気 五洋電気は、業務用機器の修理を行っております。
詳しくは下記までお問い合わせください。
お問い合わせはこちら